孫7人・83歳の母と同居7年目・紀那公(きなこ)にてフォト俳句はじめました(平成30年8月~)


by きみどん

仁寺洞のキムチ博物館で作ってきた白菜キムチが
1週間の時を経て食べ頃になってきました。
それでは、オープンザ蓋♪


f0377688_07470673.jpg








白い。

f0377688_07470936.jpg



真っ赤キムチを想像してたんでホワイティキムチに少々落胆しました。
でもこれぞ家庭の味じゃないでしょうか
あっさり漬けは家族にも好評で
キムチは要らんで
と言ってたミスターも、うまいわ とパクパク。





f0377688_07471271.jpg


わたしは自分で漬けたので愛着があり、
味わいながら食べました。




ミュージアムキムチ館は
入館料 5,000ウォン
体験料 20,000ウォン
(約2,500円)

白菜は塩漬けされてあるものが用意されてあり
レシピに従って調味料を入れ、満遍なく混ぜ、
白菜を1枚1枚めくりながら塗り込むように挟んでいきます
白菜の量は 1/4株が2つです。






日曜日の夕食は551の蓬莱でした

f0377688_07471420.jpg



蒸篭が大活躍する季節となりましたね\(^o^)/









[PR]
by shilave | 2018-10-25 08:09 | 日記 | Comments(0)

ほぼ眠るためだけに利用したようなホテルでしたが
きれいだったので残しておきます。


龍山駅(ヨンサニョク 용산역)に直結している、
ノボテルアンバサダーソウル龍山でした。
2017年10月オープンだから美しい~
4つのホテルがひとつのシティとなっていて、その名も
「ソウルドラゴンシティ」
写真ではもひとつなのが残念です。



f0377688_09400718.jpg

ロビーも素通りするだけの。。


f0377688_09393789.jpg

次世代ホテルとかで、部屋にはハンディフォンが1台備え付けてありまして、
ネットはもちろん、日本にも無料で電話がかけられるとのこと。
わたしがこれはいいと思ったのは、
あるかたのブログで知った、
ハンディフォンがテザリング機能を搭載してる、でした。
ハンディフォンがルーター代わりになる。
つまりWi-Fiルーターをレンタルしなくて済むってことらしい。
で、やってみましたけど 分からん。
コンシェルジュで訊いたら、
前回のアップデートでその機能が無くなった
って言われました↘
それアプデちゃうやんなぁ・・
そんなこともあろうかとauの世界データ定額を利用しときました。
ほとんど使わなかったけど105.png105.png





金浦空港からも近くてアクセスは申し分ないと思います
龍山駅に直結してるから雨だって濡れずに行けますし
ソウル駅に比べると本数は少ないけど
特急列車に乗るにもすぐです。
駅を突き抜けたら巨大なEマートもある。



f0377688_09401913.jpg




f0377688_09401589.jpg



やっぱりソウルは活気がある街。
Eマートは夜11時まで開いていて、遅々に行ったのに
家族連れやらカップルやらでお昼みたいな勢いだった。


3日間の韓国旅行は
慶元まさ美のハッピー・ツアー とっておき!韓国3日間
というラジオ大阪のツアーでした。
こういうツアーには初参加でドキドキ・ハラハラでしたが
個人では行けないようなスポットやお店にも連れて行ってもらって
多少のハプニングはあったけど初秋の韓国を満喫して帰って来ました。

現地ガイドさんが現地で試食して決めたという食事だけあって
どれもハズレなかったのも嬉しい\(^o^)/



昨日はパソコン前に座りすぎて、立ち上がると足が
エコノミー症候群みたいになってましたがようやく終わりです。
最後までのお付き合いありがとうございました~♪



完。





[PR]
by shilave | 2018-10-24 10:13 | 韓国旅行 | Comments(4)

3日目はソウル市内で

・キムチ作り体験
・仁寺洞散策
・明洞散策

です。


朝ごはんは、
連泊なので同じメニューですが今朝も豪華版。
食後には お約束のプディングとコーヒーもいただきました。


f0377688_08120337.jpg

餃子、3個食べたと思い込んでましたが2個だった。
適当やな。






チーズも盛り合わせて。
欲張ったけどカマンベールだけにすればよかった^^;

f0377688_08124327.jpg



f0377688_08124860.jpg



前日の朝ごはんのあと、出ようとしたら、
どこやねん ここ。。
そこはいろんな種類のドリンクが置いてあるドリンクコーナーでした。
ホント方向オンチはつらい(/_;)








腹ごしらえが終わったところで
仁寺洞(インサドン)にあるミュージアムキムチ館でキムチ作り体験です
元々は江南(カンナム)にあったが3年前にこちらへ引っ越し。
たしかに江南だと行かないですネ(^^;)


f0377688_08125304.jpg

キムジャンがユネスコ人類無形文化遺産に登録されたとはいえ
博物館があるとは。

キムジャンとは、
長く厳しい冬を耐えなければならない、
韓国人にとっては必ず必要な越冬の準備である。
(文化財庁サイトより)

キムチの歴史や種類、作り方を
デジタル技術を駆使した方法で教えてもらえるので
とてもわかりやすく、すんなり入ってきました。
ガイドさんの通訳があったからだけど(-_-;)


↓昔のニンニクすり鉢

f0377688_08125737.jpg


このあとキムチを作って、
タッパーに入れて日本に持ち帰りました。
今、ちょうどいい感じに漬かってきたので後日アップします♪






そして仁寺洞をブラブラ
友達へのお土産に欲しかった石鹸があったのだけど
お店探しきれず(;_;)/~~~


f0377688_08130346.jpg

他にめぼしいものとして、韓国ぽいランチョンマットがあったけど
コレというのが見つからずこれも買わず。
買ったのは自分用のパウダーファンデーション1個のみでした。







明洞(ミョンドン)へ移動。
そうこうしてたらランチタイム。
お店は元祖石焼きビビンバのお店、全州中央会館 明洞本店です。
アワビ入り石焼きピビンバを。


f0377688_08131254.jpg


アワビ1人前は うれしい量ですが硬くて無理かも。
のビクビクもいずこへ
イカぐらいの柔らかさで あっという間に平らげました。
↓まぜまぜした図はきちゃないけれど美味しかったです。


f0377688_08131582.jpg









この時点でお土産難民だったんで明洞で買い物を。
食料品をハーモニマートで揃えたあとはダイソーへ
ビル全部がダイソーなんですねー 
結局 欲しかったものは見つけられずでした。

f0377688_08132244.jpg







LINEフレンズのフラッグシップストア
何を隠そう、ブラウンずきです♡
この無表情さ、頓馬感がなんともいえん可愛い。
どことなくチョコ(犬)に似てるし、大好きです

f0377688_08132878.jpg




f0377688_08133333.jpg




韓国海苔は買わんとこと決めていたら
韓国海苔は欲しいと言われたし、
頼まれたお菓子は嵩張るものだし、で
荷物は膨らみましたが
金額的には少ない買い物でした。



これから帰国の途につきます。
旅行記は あと1回つづきます。







[PR]
by shilave | 2018-10-24 09:19 | 韓国旅行 | Comments(2)

晩ごはんはソウルへ戻って焼肉です。
柔らかくて甘みもあってすごく美味しかった!


f0377688_06502458.jpg







お造りの盛り合わせから始まって出るわ出るわのおかず群。
1、2皿 ちょっとわたしの口には合わないナ なものがあったものの、
あとはすべて舌鼓を打つほどの美味しさでした。

f0377688_06501004.jpg








ニラでしょうか
細くてシャキシャキ、日本にはないような。
美味しい☆☆☆

f0377688_07043539.jpg









これもすごく美味しかった☆☆☆
一見、大根の甘酢漬けのようですがチト違った。
野菜名すら分からんという
ウドのようなリンゴのような大根のような..
訊けばよかった。

f0377688_07043814.jpg









〆は柚子茶でさっぱり。

f0377688_07431017.jpg









お店はセンターマークホテルのB1Fの「景福宮」(경복궁)鐘路店

f0377688_06504179.jpg









階段を下りたらお店です

f0377688_06544624.jpg









安倍首相も訪れた高級焼肉店

f0377688_07044074.jpg

お造りも新鮮だったし
お肉もおかずもどれも最高に美味しかったです(^^)
お昼はランチメニューもあるそうなので
また韓国へ行くことがあったらここにしたい。



これまで お土産まったく買ってなかったから
ホテル近くのマートで少しショッピングして就寝




つづく






[PR]
by shilave | 2018-10-24 07:24 | 韓国旅行 | Comments(0)

まだ扶余にいます。
世界文化遺産に指定された定林寺址(チョンニムサジ 정림사지)へ。

五層石塔は国宝ですが他に現存されている寺院等なく
想像力をフル稼働させて百済王室に、は無理なので
日本の弥生時代に一旦チェンジしながら思いを馳せねばなりません(^^;)
それでも厳しいけれど、仏塔に見える細かい技法や前衛的な石塔を見ると
太古の時代に触れたような心地いい感覚に包まれました。


f0377688_17404797.jpg








五層石塔のずーっと奥にある講堂に石仏坐像がおられます
腕や蓮華座の一部など ないけど毘盧遮那仏(=大日如来)

f0377688_17405685.jpg






毎朝、勤行が行われているそうです

f0377688_19390200.jpg








広大な敷地に王室はどのように配置されてあったんでしょう
ロマン感じる。

f0377688_17410367.jpg








森林浴もしながら

f0377688_17411112.jpg







国立扶余博物館へ(入館無料)

f0377688_17413118.jpg



繊細な技工が施されている国宝第287号
「百済金銅大香炉」が見事でした。
あの時代にこの技術って
すごい! の一語に尽きます。
また法隆寺の百済観音像を彷彿とさせる小さな観音菩薩像(国宝)も必見。





定林寺址の講堂の鴟尾(しび)が気になっていました。
(気づかなかったけど写真見たら隣には教会が)


f0377688_19515236.jpg







そしたら博物館の別館で鴟尾展やってたんですが
時間なくて入館できずだった。
見たかったナ










再度登場の宮南池(クンナムジ 궁남지)は
韓国史劇 ソドンヨのロケ地でもあります

f0377688_17413961.jpg



韓国最古の人工池「扶余 宮南池(プヨ クンナムジ、史跡第135号)」
百済の武王(ムワン、生年不詳~641年)が
634年に王宮の南の離宮に作った池の庭園です。


武王は日本でも人気の韓国ドラマ「薯童謠(ソドンヨ)」の主人公薯童のこと。
宮南池は、国を越えて結ばれた薯童(ソドン)と
新羅の姫・善花(ソンファ、善徳女王の妹)が憩った場所で
2人の愛を伝えるロマンチックスポットとしても有名です。


周りに広がる約33万平方メートルの蓮畑は
色とりどりの蓮の花が咲き乱れる7~8月が見ごろ。
「扶余薯童蓮祭り」が開催される7月がおすすめ。
(コネストサイトより抜粋、加筆)



645年の大化の改新以前に作られた池なんですねー
これまたすごいです
おすすめの7月の蓮祭りはさぞかし華やぎそうだけど
暑くてここまで来れないし、
行けたとしても干上がってしまうんでは!
わたしが見た蓮の成れの果ても乙なものでしたけど。。


↓ ↓ ↓ 


じぇじぇじぇ!

f0377688_20570453.jpg







お昼ごはんはこちらで蓮の葉っぱご飯です
なんともユニークなフォルム。

f0377688_17412039.jpg






蓮の葉っぱに包まれて蒸された、ちまきのようなご飯は
予想をはるかに凌ぐ美味しさでした。

f0377688_17412296.jpg



おかずも、スモーク鴨肉焼きや塩サバ、野菜天ぷらにサラダ・・
と盛りだくさんでどれも美味だった\(^o^)/

扶余に別れを告げソウルへ帰還。





つづく







[PR]
by shilave | 2018-10-23 20:36 | 韓国旅行 | Comments(0)

2日目。
朝ごはんはホテルのバイキングです


f0377688_14284028.jpg







美味しいよぉ どれもこれも。

f0377688_14284431.jpg


特に手前にある餃子が垂涎もんで
翌朝は3つに増量しときました
食後のデザートのプディングも忘れることなく。
それにしても朝からよく入る。







2日目の行き先は、ソウルから離れた地方都市の扶余(プヨ 부여)です。
ここが一番楽しみだった!
そしてそしてソウルから直線距離で144kmと相当遠い!
(大阪から岐阜大垣ぐらいです)

f0377688_14333348.jpg






KTXは日本でいうところの新幹線で、わたしは初乗車
前に水原華城へ行った時に乗ろうと計画してたら
利用するほどでもない距離だったので乗らず終いでしたが
経験できてよかったです。
たしかに上↑の地図で水原の場所を見たら近い。





KTXにはホテルのある龍山駅から乗車します。

f0377688_14284770.jpg









田園風景が広がってくると すぐに到着です(59分間)

f0377688_14291010.jpg









公州駅に着き、白馬江を遊覧船でクルーズです

f0377688_15003360.jpg

雄大な川を静かに船はすべります
韓国史劇ドラマに出てきそうな風景だ
ただただ流れているだけの大いなる川。
この図というかスポットというか
今旅行の上位に座するほど気に入りました。



一番の楽しみだった扶余だけど、
恥ずかしながら歴史の勉強をしっかりしなかったから知らない。
なんやったら、初耳です的な。
でもいろいろ調べてみると、とても興味深いスポットでした。



プヨ。夫余、扶餘とも表記。
百済の最後の都。

さらに

百済の都は初めは漢江の流域の慰礼城であったが、
371年に漢城(後の朝鮮王朝の漢陽、現在のソウル)に移り、
その後高句麗や新羅との抗争の中で、たびたび遷都している。
475年には南の錦江中流の熊津(ユウシン、現在の公州)、
さらに538年に聖王(日本書紀で日本に仏教を伝えたとされる聖明王)の時、
下流の泗沘(サビ、しび)に移された。
その地が現在は扶余と言われており、
錦江を下って白村江にでることができ、日本との交通に便であった。
(世界史の窓より)


とあるように、百済最後の都だった扶余。
いにしえ人の気持ちに寄り添いながら その歴史舞台に足を下ろすのだ。
てことは難しいけど時間はゆったり流れていました。






船を降りて「皐蘭寺」(コランサ 고란사)へ。

f0377688_15220858.jpg




白村江の戦いで落花岩から白馬江に身を投げた宮廷女官たちを祀ったとされる。

f0377688_15380510.jpg




f0377688_15223859.jpg






さっきも出てきましたが、
敵軍新羅の攻撃(白村江の戦い)に
百済の女官たちが身を投じたといわれる岩、
その上に建つ楼閣「百花亭」


f0377688_16144456.jpg

f0377688_15451047.jpg


百花亭、、、
女官の数たるや3,000人ともいわれ..
チマ(スカート)の舞う様が、
まるで花びらのようだったとの伝説からその名がついたとされる。
↓飛び込んでも川には落ちなさそうだけど ^^;



f0377688_15454050.jpg


これらが鎮座する扶蘇山城(プソサンソン 부소산성)は
「百済歴史遺跡地区」としてユネスコ世界文化遺産に指定されています。



秋から冬にかけて歩きすぎると股関節が痛み、
階段も降りることができなくなる体事情のため
石段には段差もあって危惧しつつのウォーキングだったけど
絶対に行きたかった「百花亭」を制覇した時はホッとしました。






つづく








[PR]
by shilave | 2018-10-23 16:36 | 韓国旅行 | Comments(2)

北村から歩いて晩ごはんのお店「クンキワチッ」(큰기와집)へ
今宵いただくのはカンジャンケジャン、つまり ワタリ蟹の醤油漬け!(^^)!
2017年にミシュラン星を獲得したようです。
ここ、10年前に 魚介類いまいち好きじゃない友人と娘を
なかば強引に連れて行った、ちょっぴり心が痛むお店でもあります



f0377688_09243677.jpg







空腹じゃないのが残念だったがワタリ蟹は美味だった。
写真にはカニくんのシズル感が出てないけど お土産に持って帰りたいぐらい。
苦手な、どんぐりの蒸し物は出てこずでした。良かった。

f0377688_09245277.jpg


満腹で横になりたいぐらいですが次なるミッションへ向かいます







お次は漢江ナイトクルーズ
のところ、また寄り道して崇礼門(スンネムン 숭례문)へ。
秋の日は釣瓶落としとはよくいったものです。
門もビル群に混じって煌々と輝きを見せていました。

f0377688_09313063.jpg

国宝第1号の崇礼門、通称 南大門が
放火により消失されたのが2008年、
それから6年後の2014年に完全復元されたそう。

放火される2ヶ月前、家族旅行で来たとき この前で写真を撮ってたので
よその国ながら事件はショックだったし、
今ではママになった娘たちとの旅行も懐かしんで眺めてた。






初乗船の漢江クルーズも楽しみでした。
写真がショボくて かなしーけれど
そしてダウンが必要なほど寒かったけれど
見応え十分のひととき(約1時間)

f0377688_09315879.jpg







のっぽの63ビルはお昼は黄金に輝いて羨望を集めています

f0377688_09314785.jpg


このビルにのぼってみたい。と韓ドラ鑑賞三昧だった頃は思ってた。
あれは詐欺師のドラマだった。
ドラマタイトルも詐欺師役の女優の名前も忘れたけど
レストランでお食事するシーン(それも怪しい記憶)が過りました。
韓国一高いと称賛されていた63ビルもソウルスカイビルに王座を明け渡しています。
あ! 思い出した。女優はイ・ダヘや
タイトルは思い出せず。
て、どうでもいい。





f0377688_09314326.jpg






メインイベントのレインボー噴水ショー
これこそ肉眼で観なければなのに
水浴びるらしいのと、寒いのとでデッキにおれず船内で鑑賞(^^)

f0377688_09320287.jpg


この船にすっごく可愛い2歳ぐらいの男の子がいて
思わず、可愛いね~♪ と声かけた。
若いファミリーの、
スマート感たっぷり、ずっと笑顔の 好青年パパが
可愛いって言われたよ、と。
すると、こっちを振り返って何度も、たどたどしい韓国語で
アンニョンハセヨ、とお辞儀をしながら言うのです。
当たり前だけど親子って どこの国も同じなんだなぁとしみじみ。







ウェルカムライブとでもいおうか、
その日がお誕生日や記念日の乗客にサプライズ演奏もあった生バンドは
ジャズのスタンダード曲「オータム・リーブス 」や
「ヘイ・ジュード」など数曲を演奏。
ビンビンとハートに響いてくるので思わず動画撮影したら
ジャズやから長くて、いうてるうちに右肩に倦怠おぼえて
(はよ終わって)と祈った不届き者です


f0377688_09250867.jpg


演奏は素晴らしかった!
だから動画まで撮ったんだけど
まだ一度もフルで聴いていない。
実はデッキにいる時に撮ってた動画に
先のファミリーが偶然に写ってました。
その時もやっぱりママよりはパパが喜んでおられて、
2歳のボクにも話しかけてる。
微笑ましくて何度も見返しました。
てか生バンドの演奏 見なさいよー




ホテル到着は10時10分。
明日はソウルを離れるので出発も早いのに
興奮してなかなか寝付けず
眠剤持ってくればよかったヨー
睡眠時間 3時間でした。




つづく。






[PR]
by shilave | 2018-10-23 11:24 | 韓国旅行 | Comments(2)

韓国旅行③ 北村散策

北村は何度か行ったことがある場所で
最後に行った6年前も足を踏み入れた結構好きなエリアです。
しかし様変わりしててびっくり。そらそやわね
先ず観光客がとても多い、
それも日本人以外のアジア圏の人たちが目立ちます。
ただ大陸のツアー客は少ない印象。





どこから来たのか訊いたのに・・
ベトナムだったかな..
インドネシアだったかな..
笑顔が素敵な女性たちでした

f0377688_08215435.jpg





北村(プクチョン 북촌)は、
世界遺産『昌徳宮(チャンドックン 창덕궁)』と
『景福宮(ギョンボックン 경복궁)』
という王宮の間にある街並みのことで
韓屋(ハンオク 한옥)と呼ばれる伝統的な作りの民家が多く残る場所です。
もともとこの地域は二つの宮殿の間にあるという理由から
朝鮮王国時代は高級官僚の住居街でした。
(LINEトラベルjpより抜粋、加筆)





f0377688_08464971.jpg

京都と同じように、民族衣装を纏い、
近くにある昌徳宮、景福宮へ散歩される観光客多し。
チマチョゴリ着用で入場料も無料になるとか。








樋(とい)がユニークなこのお家は
かつて李明博元大統領が住んでいたそうです

f0377688_08223933.jpg







f0377688_08221134.jpg




そんな高級住宅街ですが、近年は、
駐車場もなく、坂ばかりのため住民たちは引っ越します。
その空家を政府が買い取って若い人たちに貸しているそうです
だからカフェが多かったんですね



f0377688_08292540.jpg




f0377688_08293036.jpg






暮れ泥んできました
ソウルタワーもぼんやりですが視界に。

f0377688_08221564.jpg





このあとは夕食です








[PR]
by shilave | 2018-10-23 09:05 | 韓国旅行 | Comments(0)
12日(金)1日目の予定行程は

・広蔵市場散策
・北村散策
・夕食
・漢江ナイトクルーズ


でしたがソウル市内に早く着いたので光化門(クァンファムン 광화문)へ寄りました。
10月9日はハングルが公布された「ハングルの日」で
その文字を作った世宗大王(セジョンデワン 세종대왕)の
アリランフェスティバルウィークだったよう、大変賑わっていました。
9日は祝日なんですね
ハングル文字は世界遺産に登録もされていますもんね 納得です。




f0377688_07180740.jpg









ハングルフェスティバルならではの文字合わせゲーム
誰かしてあげて(^_^;)

f0377688_07181139.jpg









伝統舞踊も見られてラッキー

f0377688_07181622.jpg








予定外の寄り道なので長居はせずに広蔵市場(クァンジャンシジャン 광장시장)へ向かいます


f0377688_07182710.jpg



市場好きとしてはテンション上がる光景で
日本では見かけることがない おかずにイチイチ見入ってしまいます


f0377688_07182090.jpg









一度食べたら病みつきになるといわれる麻薬キムパッは食べておかねば。

f0377688_07183459.jpg

6本入りで3,000ウォン(約300円)は安くてありがたい。
お店は、麻薬キムパッの元祖、モニョキムパッ(모녀김밥)です
モニョとは母娘のことで、こちらが親子なのかどうかはわかりません
このあと、唐辛子と韓国海苔を右下のお店で購入、
唐辛子は3,000ウォンと格安~
欲しい買い物のひとつクリアできて喜ぶ。







サトウキビの生搾りジュース
説明だけ受けて買わずスミマセン

f0377688_07182327.jpg






+++


機内食
アシアナ航空の機内食は豪勢というのは過去の話で
コンパクトになっています

f0377688_07575847.jpg






金浦国際空港へ着陸前

f0377688_07580130.jpg






つづく。






[PR]
by shilave | 2018-10-23 08:04 | 韓国旅行 | Comments(0)

関空11:10発 金浦空港13:00着のアシアナ航空で関空に9時集合。
前日、自宅から梅田まで市バスじゃなくて
タクシーにしようと予約を入れるも満杯で市バスにしました。
しかしあろうことか、違うバスに乗ってるし。
梅田までは行きません(;_;)/~~~

バスを降りて、ちょうど走ってたタクシーを停めました。
時間はあるけど幸先悪い、嫌な予感がして少々気が動転。
スーツケースが後部座席の足置き場 (笑) にぎりぎりサイズだったんで
トランクに入れずに座りましたら
狭すぎて足が~ 足がつってイタタタタ
スニーカーの中の指たちをくにゅくにゅ動かせていましたが
そのうち大腿部まで痛くなってきて早くも半泣き。

タクシー運転手、なんでトランクに入れましょう、と言わんのや(怒)

って責任転嫁しながらどうにかスニーカーを脱いで・・
あぁ疲れた。
この先悪いことが起こりませんようにと切に祈りながらのフライトでした





光化門広場ではハングルを創製した世宗大王のお祭りで賑わっていました



f0377688_15421083.jpg







広蔵市場で軽くショッピング


f0377688_15421379.jpg


写真右にあるオレンジ色の看板は薬局です
ここでリップクリームを購入。
入ったら、韓国語でいらっしゃいませと言われ、
顔を見られて
ニーハオと言われた。
中国人に間違えられたのは初めてのことでした。
見えたんやねェ




帰国便にて。って早いけど。
ガイドさんが、
預けるスーツケースの中にはバッテリー、リチウム電池の類は
入れないでくださいね
はいはい分かっておりますがね
しかし、わたし名前呼ばれてしまいました。
そう、入れてたんですね バッテリーを(-_-;)
堅牢なドアを開けて物々しいところでスーツケースを開けさせられて
平身低頭しつつバッテリーを取り出して戻りましたが。。
情けない(/_;)



行きしなは当然のことながら機内持ち込みしていたのに
結局あっちで一度もバッテリー使わず、
もう要らんな、と さっさとスーツケースの中に入れっぱなしにしていて
存在をすっかり忘れてたという次第です


てなわけで最初と最後で躓いた旅でした142.png






[PR]
by shilave | 2018-10-16 20:30 | 韓国旅行 | Comments(4)