孫7人・83歳の母と同居7年目・紀那公(きなこ)にてフォト俳句はじめました(平成30年8月~)


by きみどん

<   2018年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧


ただいま16時。
さっき何でか雷鳴のようなものも聞こえてきたぞぉ。
そしてバシバシと激しい雨音も始まり候。
来るなーーーっ! 来ないでチュセヨ。

21号の時、悠長に本を読んでてたから
縁起担ぎ?  
担がず? 
縁起でもない?
なんかよく分からんけど、今日は読まずにおろう。
というより読書の気分じゃない。
眠剤もないし眠れるかなぁ 今夜。




いつぞやの晩ごはん。炭火焼鳥。

f0377688_16002708.jpg

鶏皮の塩が美味しくて1番好き。
今日は滅入ってしまってビールも欲しくない。
寒いしな。




温かいうどんが美味しい季節になってきたねー\(^o^)/
先週は2度のうどん外食。

f0377688_16002988.jpg





伊勢湾台風並の高潮て・・
母が高校時代だったらしい伊勢湾台風
休校になったからよく覚えているのだと言う。
今日のできごとももう少し覚えてくれていたらいいのだが。
て、こんな非常時にもうしわけー。
調べたら、母の言うそれは
昭和28年の近畿直撃の13号でした😱



じゃそろそろパソコン電源落とします
ご安寧に🙏






[PR]
by shilave | 2018-09-30 16:11 | 日記 | Comments(2)

9月読んだ本など



① 花だより ーみをつくし料理帖 特別巻ー (髙田郁)
② はだれ雪 (葉室麟)
③ 太陽の棘 (原田マハ)
④ かたづの! (中島京子)


《俳句関連本》
●〈新版〉20週俳句入門 (藤田湘子)
夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業 (夏井いつき)
● 知識ゼロからの俳句入門 (金子兜太)
● 俳句はじめての一歩 (石寒太)
● ホースケのヒッチ俳句 (福地泡介)
旅ゆけば俳句 (江國滋 / エッセイ)
● NHK俳句2018 9月号


《図書館レンタル中》
● 例会俳句作法辞典 (水原秋桜子)
● 子規句集 (高浜虚子選)

《通読もせず、読めず返却》
● 俳句十二か月 (稲畑汀子)
●〈新編〉俳句上達法 (楠本憲吉)



小説は激減して4冊のみ。
数ページ読んで 返却した小説は5冊もありました。
読んでいても俳句のことが気になってというのも理由、
言葉探し中が本末転倒だけど。


● 花だより、は申し分ない仕上がりでした。
澪ちゃんとは二度と小説の中では会えないけれど
みをつくしメンバーは ずっと心の中に生きているからそれでいい。


● はだれ雪、も面白かった。
背景が忠臣蔵だもの♪
浅野内匠頭が遺した最期の言葉を
大石内蔵助が今一度咀嚼し、述懐するところが泣けました。
でもお話しは、ぴたぴたと染み入るような、男女のお上品な恋バナベースで
和歌が随所に出てきて まさに風流風雅の作でした。
今度東京へ行ったら六義園(りくぎえん)へ行こう



俳句の本では、「旅ゆけば俳句」(江國滋著)がとても面白かった。
江國香織のお父さんなんですね
初めて読みましたがユーモアとウイットに富み、
かとおもえば舌鋒鋭く俳聖の句を一刀両断、
わかる~と ひとり声あげて笑ってました。
白石冬美、塩田丸男、黒田杏子、渡辺文雄、
入船亭扇橋、瀬戸内寂聴など有名人のゲスト俳人も出てきて豪華です。
その中の黒田杏子の句にビビビッときたので句集をアマゾンでみたら
初期のは絶版で状態が良い中古本は1万円近い高値がついていました。
わたしは図書館で予約。
(くろだももこ、なんだ。 きょうこかと)



文中に出てきた「俳句とあそぶ法」(江國滋著)を借りてきました

f0377688_07290483.jpg


ここでも大御所たちの名句のいくつかをバッサバッサと斬っておられて実に痛快です。
辰巳琢郎の「食いしん坊な歳時記」もこの季節にぴったりでは。楽しみ。



江國滋のことを調べようとお布団の中で「ヘイシリ」とスマホに問いかけましたら


f0377688_07291027.jpg


やられたー!
松島やあゝ松島や松島や(芭蕉)のやうな!
あらかしこあらあらかしこあらかしこ(紀那公)のやうな!
ふざけられました。



◆ ◆ ◆




昨日、「こんな時は関東煮(かんとだき)にしとくねん」と
言われたのが2名。
そだねー
ってことでわたしも具材を揃えたのでそろそろ炊き始めます。
で一句。どうぞ見て句ダサい142.png

おでん煮る速さ競いやタイフーン
(季語:おでん、冬)

颱風は秋の季語なので使えず、タイフーンとした姑息駄句。
夏井いつき先生が、
入門書ばかり読んでないでとっととたくさん作句しなさい。
と本にて。
あーい。




さらに続きます(長くてごめんなさい)
台風襲来に怖い怖いと言ってると、
戦争体験したものからしたら食べるものがあるだけマシ
と母が返した。
そう言われても家が倒壊しないだろうかの不安は拭えず。
雨戸完全に閉め切っちゃってるものだから
朝だけどわたしの部屋は電気つけてます。
どなた様もご安全にお過ごしください。無事に過ごしましょうね!
笑顔で再会(ここでだけど)できますように。





[PR]
by shilave | 2018-09-30 08:21 | 日記 | Comments(2)

ゆうても大阪は被害が殆どないからええとこやなぁ
と大阪北部地震と台風21号であんなことになる前は
大阪に住む者は言ってたし思っていたはずです。
が、わたしを含め あの怖い怖い自然災害を体験してからは
今日明日やってくる台風24号に、大丈夫やろ~の安気さは無い。

今日お話しした皆さん、スーパー・コンビニへ買い出しに行かれました。
たった1日やけど物流が滞ったら食べるもんないようなる。と。
わたしもおやつをメインに(そこかい)買って帰りました。
おかずも簡単なものでよろしい。
今日は母が肉じゃがを作ってくれるそうなのでそれでいいわな




朝食に昨日の残り物のポテサラを。

f0377688_16082564.jpg


ただのポテサラではございません。
じゃがいもをほくほくに茹でたものをカットして
ゆで卵ソース(ゆで卵+マヨネーズ)に和えた、
NOマッシュポテサラでございます。
いや~美味しいわ~(^^) 
ハイ いつもの自画自賛です
これにコロッケとか焼鮭とかメインを作って
お味噌汁とお漬物でもあれば十分です。

じゃがいも2個に対して
玉子2個
マヨネーズ
塩コショウ
で作りました。

ブロッコリーと、
タマネギみじん切りをほんの少し。





◆ ◆ ◆




昨夜見た夢。
次女との海外旅行は11時40分フライト。
関空ではなくセントレアなのが妙だけど、まぁいい夢だから。
搭乗前にお手洗いへ行こうと場所を尋ねたらそこはエキスポランドのような公園で
トイレは古めかしい木製、しかもひとり用。
(たった1個かい。しかも誰か入ってるし)
仕方なく待ってると戸が開いて、中から母が出て来た(*_*) 
なんでおるん!
とお互いに。
まぁ夢だからね。
場面はランドの受付に変わります。
なんとその受付には野口五郎が(*_*)
待ってるんじゃなくて担当者が五郎です
夢やからね、なんでもこい。
てか、そこは五郎じゃなくて秀樹や~ん


空港でもないのにパスポート見せなあかんらしい。
変なのー。でカバンを弄ってて気がついた。
ないない!パスポート忘れてる・・・・・・
そういえばパッキングもした記憶がない。
うそー ひょっとして大ボケかましてもーたん!?

掛け時計を見たら10時40分。
顔面蒼白になってどうしようどうしよう、と次女と五郎の間でパニクってると
おはようございます、でした。
夢とはいえ疲れたわ。朝から。




まだ静かな大阪、どうかどうか被害最小でお願いしますよ。。






[PR]
by shilave | 2018-09-29 16:48 | 日記 | Comments(4)

連日 物欲の品を披露して恐縮です


昨日、やっと大歳時記 秋が手に入り、
嬉しさと人心地ついたのとで そこら綺麗に掃除してから、
そして若干の緊張感も持ちながら いざオープーン♪



f0377688_08195610.jpg


しゅうしょうにあけしページはたんじょうび
(季語:秋宵、秋)

つ、つまらん(><)



◆ ◆ ◆



ある落語家が
最近、逆接じゃないのに「けれども けれども」を連呼する人が多い
と言っておられた。
しゃべる仕事なのでとても気になる、と。
あ、それある。わたしもよく言ってると思う。
逆接なし「~けど」の連発。
癖のようなものだろうけど気になる人は気になるんだ。
ほな、まぁしかしなんですなぁ の、しかし、は どないやねんって
と自虐的に言っておられたが。


あと「~し」もしょっちゅう言ってる。
やってるし、わかってるし、など。
こないだ小3孫娘が
パパに、そこで「し」は違うやろ て言われた
と。
うん、意識するのはいいことだ。



ひと頃 大流行した「逆に言うと」
大阪弁の「逆にゆうたら」は、
逆じゃないことが周知されたのか あまり耳にしない。
代わって台頭してきたのが「変な話」ではないかしらん。
数日前、好きな俳優がテレビに出てたので見入ってますと
「変な話」と前置いて相手に話すのが気になって気になって。
変な話なのか!
どれ・・
そうでもないやーん。全然ヘンじゃないやん。
短い時間で3回も使ってたん多すぎて変。
ちょっと幻滅。
結婚もしたし。← 「し」使ってるし、関係ないし。
もう「し」まみれ。


ちょうど娘たちとLINEしてたのでそれ言ったら
「全然気にならない」と言う。
わたし暇なのね。
すみません、変な話で。
って落ち見えてたな






こんなに買ってしまった。

f0377688_08195940.jpg


「新年」も仲間入りです






[PR]
by shilave | 2018-09-28 09:15 | 写真俳句 | Comments(2)

チョメチョメって。


食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・
秋の欲望にはいろいろあれど
わたしはなんといっても物欲の秋だー
スーパー行ったら秋の食材、おやつに目がランラン
イオン行ったら秋服に目がギンギラギン
ったく困ったもんだ。



f0377688_08045596.jpg


もええわ、ぐらい話してる角川大歳時記のこれは冬バージョン
秋がなかなか手に入らんから冬こーたの巻。
しかしながらあたいには手に余る代物だった件(-_-;)


なしくらいみのたけをしりきごのうみ
(季語:梨、秋)





ちょっと中身をご覧遊ばせね

f0377688_08045167.jpg


なるほど「古日記」は冬の季語なんですね。

10年ぶりに開いた漢和辞典に挟んであった、
押し花ならぬ押し葉っぱ
突如として出てきたらこんなんでも(ごめん)愛おしい。


今日は大歳時記「秋」が入荷の日です\(^o^)/
メイク施し梅田行ってくるー♪
わぉ~♪





[PR]
by shilave | 2018-09-27 08:58 | 写真俳句 | Comments(2)

昨日は次女と葉菜茶(はなちゃ)@桃谷でランチしました


f0377688_08422318.jpg




次女がぎっくり腰になり、ヘルプに行ったのが2週間前で
その時 2歳孫男が
「お尻が痒い」 (←大概びろうだけど)
じじじが かい
と言ってわたしを大喜びさせたのですが
なんと2週間の間に、なんとーーー 

じじじ が おちり に成長していました(/_;)

その間に じじり 経由してたそうだ。

つまり

じじじ → じじり → おちり

のサ行変格活用 (笑)
はい、そうではありません
あぁ寂しい。。もっかい聞きたかったヨ~





どちらかといえば口が重いパパに似ず、
チョケだし、
よくおしゃべりする今どきの男の子って感じに育っています
白目を剥くのがマイブームらしい


f0377688_08421460.jpg






やめとき~と言うと、さらに剥いてくれる

f0377688_08421236.jpg







目の下がりぐあいは藤井聡太くん

f0377688_08420921.jpg

ってワタシ、フレンチトースト焦がしました105.png105.png
誰も食べなかった105.png105.png





f0377688_08421701.jpg



むむま も くるま と、ちゃんと発音できるようになっており
寂しいですけど孫の成長を喜びたいと思います









[PR]
by shilave | 2018-09-26 09:33 | 日記 | Comments(2)

今日は満月ですが大阪の天気といいますと朝は雨、
ただいま夕方の5時前ですが 曇ってて
昨夜に続き今夜も見えそうになく
長女が持ち込んできた時価1,900万円相当 (笑) の天体望遠鏡が泣いています。
ついでにミスターも。



f0377688_15213985.jpg


(月撮影 2018年9月22日)


まどぎわにぽつねんとしてうげつかな
(季語:雨月、秋)



曇り空で見えないのが「無月」
雨のためにまったく見えないのが「雨月」
十五夜は曇っていて見えなかったので「無月」を詠むところ
字面の差で「雨月」使用しました。



歳時記カレンダーというアプリは
お彼岸ウィークの月名称が一目瞭然です
覚えられないけど列記しておこう


秋分の日 23日「十三夜」
24日「待宵」まつよい
25日「満月」
26日「十六夜」いざよい
27日「立待月」たちまちづき
28日「居待月」いまちづき
29日「寝待月」ねまちづき
30日「更待月」ふけまちづき


月はひとつなのにいろいろあらーな。
なんとも風流で涼感漂い、穏やかに夜長を過ごせそう
日本人は昔からこの時期の月を待ち続けてたんですね


月といえば、石山寺で源氏物語を認めた紫式部が浮かびます
巨額でピンとこないけど100億円で月旅行ができる時代がついに到来
どうせ行けん、の僻み根性はさておいてゾクゾクします。
紫式部が今生にいらしたら何とおっしゃるでしょうか
「わらわも連れてけ~。はよぉ連れてけ~」
そんな取るに足らないことを想像する秋の夜もまた愉しいです。






[PR]
by shilave | 2018-09-25 16:27 | 写真俳句 | Comments(0)
焼肉が食べたくて食べたくて
というのも、焼肉食べに行こかと言い出そうとすると
母恒例の買い物、合い挽き肉と薄切り肉がずっとあるー(><)
またかい またですかい
も、やめてくれーーぃ!

の状況が続き、お肉もうええわ、となり。
でもまた焼肉食べたくなって昨日ようやく
真ん中の妹夫婦と5人で決行。



楽しみだったが昔ほどお肉いらんね..
わたしは赤身肉は3枚ほどでギブアップ
ミノやテッチャン、サラダなどで満腹で終了(^_^;)
あ、ユッケと冷麺も食べたか。
アルコールもぽっこりお腹が邪魔で
瓶ビールわけわけと生中1杯で完。


f0377688_12320163.jpg

肉食系老女の母が1番食べてたんではないだろうか
今日も元気です。




◆ ◆ ◆



紀那公の写真俳句投稿も20句になりました。
切りのいい20句目が仏様関係ということで
わたしの煩悩も幾分断ち切られたことでしょう
か?
いやもう全然。
その逆ね。


「角川大歳時記 秋」が
紀伊國屋梅田本店で売り切れてたのは言いました。
どこぞ応募して選者に褒めてもらったら褒美として買おうと
人知れず決めてたんですけども、
そんなもんいつまで経っても買えるかい
ともうひとりの紀那公が言うものですから、、、

いつものように前置きが長いけど
思い切って本店に予約したんですね。
その上でダメ元でグランフロント大阪店に電話したら
在庫ございます、と言うではありませんか
やったー!!


本店の予約をキャンセルし、
浮き立って仕事帰りにグランフロント店へ寄ったら
それはないで~ 
ちゃう本でした(/_;) 
わたしは「大歳時記」が欲しいのに「歳時記」だった。
こうなりゃ意地でも手に入れたい! 
煩悩なんてあっちゃいけ~


空腹でしたがその足で堂島アバンザのジュンク堂書店へ。
あそこは大きいからあるやろ♪
ですが果たして「秋」は在庫切れ
買いはるんだね(*_*)
「新年」も売り切れでした
そろそろ新年バージョンを勉強して投句しはるんやろな。


じゃ、旭屋書店はどうだろう?
往生際悪く在庫検索をスマホでするもやっぱり無い。
そんな売れ筋なんやね
てまだ2冊とかやけど。


さすがに足が棒の空腹よろめき寸前だったんで
アバンザのそじ坊で昼食を。
あー疲れた。


帰って、アマゾンでチェック
ってまだやんのかい。
ここは出荷まで1~3週間かかりますとのこと、
冬なる。

それでは紀伊國屋書店様にお願いするしかありません。
予約キャンセルをキャンセルする電話をかけて
今お待ちちゅうです(^^;)

皆様には ちかれさせましたやろ?




[PR]
by shilave | 2018-09-23 13:03 | 日記 | Comments(4)
お大師さんの縁日の21日は
京都東寺でも弘法市が開催されるので行って来ました。
弘法市訪問2度目。
お天気はあいにくの小糠雨だったため
出店をゆっくり見る気にならずだったのが ちょい残念。



誘ってくれた、らんちゃんと、
お薬師さん、立体曼荼羅のある講堂、そして大師堂へお詣りし
立体曼荼羅の大日如来の重ね朱印をしてもらいました。



f0377688_09383568.jpg


しゆうそうにあかくかさねていのりけり
(季語:秋爽、秋)

帝釈天の神々しさには惚れ惚れして言葉がない
またお会いできて光栄でした





市で ひとつだけ買い物を(*^^*)

f0377688_09384164.jpg

     ↑ ここのタワシをひとつだけ♪




◆ ◆ ◆




初めて納経帳を手にし、御朱印をもらったのが東寺でした。
嬉しくて嬉しくて♡ ← 違うだろ~
その頃、ここに来れば気持ちが安らいだので何度かお詣りしてて
顔なじみ(は大袈裟)の、美形で高齢のお坊さんが
「世界遺産になるから大変なんや」と破顔でお話しされてた。
あと、朱印帳には 名字を明記しとき とのアドバイスをくださったので
わざわざ毛筆で書いたがな..
平成6年5月10日、今から24年前のことでした。
(世界遺産登録は同年12月)



f0377688_11111092.jpg


当時70代だと思しきお坊さんの姿を探してみたが。






大師堂で般若心経を唱えたんだけど
ふたりとも真ん中が抜けてすぐに終わっちゃう般若心経に
不謹慎ながら笑えてきちゃって
いやぁ参った。
ラストチャンスで無事暗誦してホッ。



やり残したことがあるのでまた来月かな、京都へ。
の予定です♫





[PR]
by shilave | 2018-09-23 11:58 | 写真俳句 | Comments(2)
どう料理しても美味しい茄子には目がありませんが
今年は高くて高嶺の花です
まだ1本100円しています。

おーい。春ちゃ~ん

ふと呼んでみただけで他意は無い。
ことはない。






どうしても麻婆茄子が食べたかったある日、
ええぃ!と買いました(安いもんちゃあ安いもん)



f0377688_15073765.jpg



できたては紫紺の、見た目にもゴージャスなお衣装を纏っておられるが
すぐに変色するキミはいけない子だよぉー
ぬか漬けもそやね。
味はいいのに すぐに、なんや茶色経由で色褪せてビジュアルがよろしくない。
そんな秋野茄子さんの無常を詠んでみました。




あきなすやさんぷんごにはぬればいろ
(季語:秋茄子、秋)

決してふざけているわけではありません



麻婆茄子のレシピはオレペ 6/17号「菱田屋の麻婆なす」から。
この際カロリーは無視して、揚げた茄子のとろり感に舌鼓ポンで
病みつきリスト入り。
ひとりで2本はいけそうでした\(^o^)/








[PR]
by shilave | 2018-09-22 15:30 | 写真俳句 | Comments(0)