孫は7人になりました・82歳の母と同居7年目・阪神タイガースの応援でストレス発散!


by きみどん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:日記( 450 )

ランチで祝い寿司


長次郎(回転寿司屋)から誕生日クーポンが届いたので
日曜日、お天気も良く
母も誘い、ゆっくり25分かけて歩いて行きました




仲間はずれはど~れ?

f0377688_17043468.jpg

写真1枚足らずハズレカード入れました128.png
正解はのちほど。


って分かるやん!



鰆、桜鯛、春の食材もいただきましたヨ111.png111.png




長次郎では外せないアジのこれ。

f0377688_17044113.jpg

いつも、
可哀想やけどもっとピンピン痙攣起こしてやるのに
このコは既に事切れてたのではと思わせるほど静かで..
お口も閉じてやるよなあ
とか、アジを囲みながら言ってたら突如


ピクッ!



動きやんねん
も、ビビリまんがな~144.png





お寿司を食べ終えたら骨せんべいにしてもらいます

f0377688_17044505.jpg

これはひとりで食べたい。




その他、茅乃舎だし、ペットショップ、クロコダイル、アクタス・・
などから続々とサービス付き葉書が届いて
非常に悩ましいところ(^_^;)
とりあえず茅乃舎だしは行くけどー
それでも ”プレゼントだけ頂いちゃおう” はできへんよね~
なんか買わないと。
さすがのわたしでも。



あ、クイズの正解は「チョコ」でした(^^)





[PR]
by shilave | 2018-03-13 07:53 | 日記 | Trackback | Comments(13)

ラッキーな1日でした

職場の観葉植物「幸福の木」に花芽が!

f0377688_17335328.jpg


ここへ来て10年。身長 (笑) 2mちょいやろか
とにかく葉っぱは伸びる一方で、あまり繁ってもらわなくてもヨござんしてよ
と内心..
で、ちょこっと間引いてはいたんですが花が咲くとはビックリ。
俄に愛おしさが増しました(^_^;)
水やりは週1。
栄養も、足ってるんやろか?と思いながら水だけは欠かさずおりましたけど大快挙です
ネットで読んだら、なかなか咲かないそうじゃないかー
咲いたらかなり強烈な芳香を放つそうじゃないかー
見事開花の暁にはご披露いたします(*^^*) 楽しみ!





そしたらお隣のママさんが「差し入れ」と言ってこれを。

f0377688_17340474.jpg

朝ごはん、今日に限ってコーンスープまで飲んで来ててんよね
なかなかうまいこといかへんね(^o^;
だけどすぐにお腹空くので助かりマンモス~!(^^)!
コーヒーはいつもポットでくださるので患者さんにも飲んでもらいました(爆)

またドアが開いて、今度は
「パン焼けたから」って美味しいと好評の黒パンを持って来てくれた。
なんて優しいんだ110.png



娘婿さんからは化粧水(ちょっと高価です)をもらいました
(つきまくり!)とは心の声
デカかったから聞こえてへんかな~



とてもハッピー気分になってたので駅近くにある花屋さんで
ラブリーバージン「エンゼル」って鉢植え購入

f0377688_17340031.jpg

安いねん
ワンコインでした(^^)
春カラーに癒やされるつもりです♪



帰宅して阪神中日のオープン戦を観てたらピンポーン、チャイムが鳴りました
例の、ドタキャンした映画鑑賞の映画DVDが届きました
怖すぎるやろ、このツキよう
こんな日もあるんやね
わたしも人に優しくしよう!
今日ミスターの誕生日やったこと忘れててんけどね(-_-;)




(追記)
思い出したんやけど、今朝、新聞が5時過ぎに入って、取って、
6時過ぎに何やら音がしたので見に行ったら追加でもう一部投函されてて (笑)

f0377688_18194834.jpg

ラッキー感ないけど(^_^;)





[PR]
by shilave | 2018-03-10 18:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

甲子園歴史館へ

オープン戦まさかの6連敗中149.png
怖いんだけど148.png


+++


この日は星野さんの追悼特別展示開催中とあり
チョコの病院から帰ってから甲子園歴史館へGO =33

甲子園駅を降りて知った横浜DeNAベイスターズとのオープン戦
13時スタートです
モチロン負けましたが(-_-;)


f0377688_18265762.jpg







タイガースショップに立ち寄り
ついつい入ってしまうデンジャーゾーン

f0377688_18265245.jpg









さぁ急いで歴史館へ
星野さんの映像のほか有名人来館記念ボール(防弾少年団のありました)や
著名な選手のユニフォームなどの展示品が。
今回じっくり見ました

f0377688_18270762.jpg

タイガース優勝へ導いたそのシーンの映像を
テレビで観てたのを思い出したりしながら..
号泣しつつ見ました
平日の昼間、わたしの他に1名のみ。
外野を気にせず思いっきり泣けた~






さてさてここに来たら外せないバックスクリーンビューに行きましょう
きゃーーー162.png
よもや選手たちを拝めるとは思いもせずラッキーでした113.png

f0377688_18264831.jpg






ただ、めちゃ寒くて長くおれません
それでもスマホをズームにしてチェックしますれば
セカンドに鳥ちゃんが。
ピッチャーは晋太郎、キャッチャーは梅ちゃん
と電光掲示板にありました

f0377688_18270262.jpg

早く帰ってテレビ観なきゃ
というわけでひとり悦に入り甲子園をあとにしました。




明日は星野さんの追悼試合です(VS中日)
大切な試合、負けることは許されないぞ~
再度、早く帰ってテレビ観なきゃ101.png







[PR]
by shilave | 2018-03-09 20:15 | 日記 | Trackback | Comments(2)
小3孫男が、体操教室もスイミングもやめてゴルフ一本にしてから(空手は続けてます)
試合や大会(いっしょか)、練習試合なんかにパパと行くため
その日は早朝から女子チームだけ我が家に来ます
日曜日も練習試合だったので 車で送ってもらい皆でやって来た。
留守番の子供たちはまだ眠そうです



愛聴しているラジオ番組で「子供お料理教室」のことを知り、
ちょうど孫たち来るし、お料理も楽しそうだし、で
年長の孫ひとり連れて参加してきました
講師?はその番組パーソナリティの慶元まさ美さん
野菜ソムリエの資格もおありでメチャ楽しみでした111.png

男の子女の子、合わせて8人の子供たち
餃子を包むのですがみんなお料理作るのたのしそう~
こんな経験って大事よね


f0377688_08070482.jpg


とはいえ子供。飽きますよねそのうち(^_^;)
すると今度は、即席お漬物を作りましょう♪ と
野菜と塩昆布が入ったビニール袋をモミモミ
それも楽しそうに揉んでました
子供たちが飽きたらの次の手まで考えてくださってたんですね
感激です



包んだ餃子は250個! 
作るのもだけど焼くのもゾッとしますよね(^o^;
ありがとうございます、です
で、この餃子がめちゃくちゃ美味しかった!
くせがないから何個でも入る111.png111.png



オトナだけの家になるとなかなかお家餃子しないけど
あんな美味しいのが食べられるなら、たまには作ってみよう
孫は「めっちゃ美味しかった!」「めっちゃ楽しかった!」と
ママやミスターに話してたし、
わたしは素敵な慶元まさ美さんにもお会いできたし、
若いママさんやちびっ子たちの中に混じって元気をもらって
とても楽しい1日でした




帰りの電車では、朝が早かったのもあって、ねむたい~と(-_-;)
目覚めさすためケーキを買って帰宅。
母がおやつを買いに駄菓子屋へ連れて行くと言ってくれたのでわたしも同行。
しかし、お店は閉まってた。シャッターの前でイカる孫達 (笑)


f0377688_09281089.jpeg

じゃあ散歩行こっか
と言ったが最後、公園がいい~~!
おい。眠いんちゃうんかい。
結局、負けて4人で公園へ
公園まで「よーい ドン!」
どんだけ元気やねん143.png


ヘトヘトになったけどこの子たちが喜んでくれたので
ばーちゃん 満足じゃ






[PR]
by shilave | 2018-03-09 09:43 | 日記 | Trackback | Comments(2)

チョコにも叱られた

昨夕、お風呂に入ろうとしてたらお友達からLINEが。

「今、◯✕△にいます」

ん?

ギクッ!

約束してたんだった149.png149.png
韓国映画の鑑賞会で、観たい映画だったので「行きます!」ゆうてたのに
すっぽり抜けてました
予定は決めたそのときに手帳なりカレンダーなり
スマホなりに書き入れとかんとあきませんね
あとで、ではダメ105.png


鑑賞会は雨もひどかったし、すっぴんだったし・・ 欠席しました






やってしもたな

f0377688_08065096.jpg

はい。やってしまいました







じゃ こんな風に右のほっぺた お出し

f0377688_08065876.jpg


はい。。




パチン!




痛いわ(;_;)/





右の頬を打たれたら次どうするんやった~?
こうやって左のほっぺたも出すんやったやろ~

f0377688_08070018.jpg


パチン!



以後気をつけます
チョコがMやったん初めて知ったよ・・



そのDVDは後日貸してくださるそうです110.png
そして同会のお花見の予定はソッコー 予定表に入れました








[PR]
by shilave | 2018-03-09 08:43 | 日記 | Trackback | Comments(6)
昨日、元職場上司のご好意に甘え、
ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」を観てきました
その前にランチを「土佐料理 司」でいただきました
【土佐日記ランチ】
二段重が出てきました


f0377688_07225843.jpg


なんでしょう、この嬉しさ。
ミニサイズシリーズには、わぁ~~~♪
って言葉が出ます
超大好物の、カツオのたたきも2切入ってます
炭火のよい香りがしましたヨ(*^^*)
なにひとつ、んーこれは・・ は無くて
どれも春を感じる、とても美味しい品でした
↗左下、四万十鶏の鍬焼きも美味しかった。








f0377688_07120223.jpg

お重だけでも腹9分目ぐらいになったけど
続く、えんどう豆のスープ
天ぷら(鮮魚は鯛)
具だくさん茶碗蒸し
炊き込みご飯
デザート
まですべてすべて~胃に収めました


f0377688_16260054.jpg



気がつけば1時間半も滞在してて開演時間まで20分しかない(@@)
ゆうても劇場まですぐそこ。
だけど少々焦りました





いざメインイベントへ♪
「ブロードウェイと銃弾」は13時ジャストに開幕♪

f0377688_07115666.jpg


招待席だったんで3階でした
が、ドームで慣れてるせいか狭く感じたので平気(^_^;)


f0377688_07115883.jpg


面白かったーーー!
ハイテンポ展開で笑った笑った。
ギャング、その愛人、脚本家、それに纏わる人々をコミカルに演じてて
アドリブも交え、とにかく楽しかったです
と同時に演者のクオリティの高さに感動しました
元劇団四季の保坂知寿さん、大好きです
この舞台に出演と知って超嬉しい♡
艶のある美声がまた聴けて幸せでした


前夜、ファミリーのように親しくさせてもらってた大好きな患者さんの突然の悲報に絶句し、
気分が晴れることはなかったけど
(今も思い出したら悲しみと寂しさに包まれるけど)
こうやって笑ってる間は忘れるし、
「ちょっと先に行っただけやよ~
笑ってたらええよ~」っていつもの笑顔で言ってはりそうで
早く平常心に戻るように頑張らなくてはと言い聞かせてます
公演中にあと1回観に行こうかな






観劇後は新しくできた大阪工業大学の梅田キャンパスでお茶を。
が、時間外でクローズ中
21階からの眺望を楽しむに留めました(^^)


f0377688_07120020.jpg

↑ダイキンの大ぴちょんくんが示す湿度は60%
そのはずやね今日は朝から雨降ってます





f0377688_07121008.jpg

ジオラマみたい







21階に別れを告げて
同ビル2階のエッグスンシングスへ
f0377688_07120523.jpg


お腹、はちきれ寸前でしたがこれも完食し
ハッピーな1日を終えました

生きてたら、つらいこともそれなりにあるけど
いいこともある。








[PR]
by shilave | 2018-03-08 08:36 | 日記 | Trackback | Comments(4)

今年も生えますように

今日もチョコは動物病院へ行きますが
何も知らんと爆睡してます

脱毛期間が長く、去年 突如発毛してきて、
暑いだろうと夏にカットしてから
また脱毛が目立ってきてました
が、このところ黒い毛が目立ってきた101.png


f0377688_08104777.jpg






よく分かりませんね
じゃこれ。

f0377688_08104820.jpg


去年の春も、こんなだった。
そして普通のポメみたいに大量になってきたんでした
今年も期待します



+++


昨日のお昼ごはんは、日曜に作ってたスンドゥブです(見飽きたよね)
生野コリアタウンのと千林の2種類の白菜キムチ、
ワケギキムチの3種入れました
キムチ汁もミックスされたので 旨味がた~くさん出てました\(^o^)/
お豆腐見えないし。


f0377688_08105091.jpg






中華そばも入れて、もはや無国籍料理ちっく。

f0377688_08105342.jpg







仕事から帰って来たら15時で腹ペコでしたので
この鍋のサイズは大ですがご飯も入れました

f0377688_08105657.jpg








さらにワケギキムチも漬物感覚でイン。

f0377688_08105846.jpg

完食。
ジ・エンド。
食後に ぼた餅をひとつ食べたものだから晩ごはんは入らなかった



材料(備忘録)
キムチ
玉葱
椎茸
人参
水菜

豚肉
イカ
桜えび
イリコ
豆腐
中華そば

キムチ汁
紹興酒
おろし生姜
鶏がらスープ
ホタテ貝柱顆粒スープ
ヤンニョンジャン
コチュジャン
粗挽き韓国唐辛子
醤油少々
太白 白ごま油





[PR]
by shilave | 2018-03-06 08:35 | 日記 | Trackback | Comments(2)

がっかり月間


寒いのか暖かくなってきたのか分からないけど
チョコはよく眠ります
朝の散歩は なくなりました(@@)


f0377688_16545829.jpg








値上げラッシュですね
あれもこれも高くなってアタマが痛い。
追い打ちをかけるように恐怖の定期便もやってきた
(ぼっつらフィラリアの血液検査も始まるし)

f0377688_16550495.jpg



狂犬病の予防注射143.png
韓国であったような死亡事故に繋がる可能性ありだから
受けますけど
これが届いたら毎回「来た・・」とショックを隠せず、
開封はギリギリになってから。
重い腰を上げて行くのもギリギリ。
嫌なことは後回し、学生時代もこんなんでアホでした
なおらーん。





壺阪寺へお参りに行ったとき、可愛い猫がいました
逃げも隠れもしない、仏のような猫ちゃん


f0377688_16550274.jpg


どうだ、可愛いだろ110.png


猫ちゃんは怖い注射がないからいいねとチョコが申しております





[PR]
by shilave | 2018-03-03 17:10 | 日記 | Trackback | Comments(2)

仙太郎の和菓子と読書

天王寺に行ったついでに「仙太郎」の青じそ入りぼた餅を買いました
あべのハルカス近鉄本店限定だそうです
はいはい、これ前におもたせで使ったわ


f0377688_15312264.jpg


ちょこっと青じそが混じっています
その香りなのか桜の香りなのか
よくわからんけど、とても美味しかった。
黒豆が甘煮ではないのですが、これには合ってるんでしょう



アルコールと和菓子の組み合わせが平気になってきて、
むしろ美味しいやんと思えるようになってきてたけど
糖質過剰摂取と聞き、即座に足を洗いました(はよ気づけよ)




+++



学生時代に買ったゴッホの画集(小さいけど)
画集を買ったのは後にも先にもそれだけです
やっぱり魅力的です、ゴッホ。
そのゴッホについて原田マハさんが執筆された「たゆたえども沈まず」
電子書籍版を読みました


f0377688_15312538.jpg



「楽園のカンヴァス」とは違って感情が大波を打って揺さぶられるような
切なくもあり、愛おしさも生まれ、そしてあれやこれやの衝撃もあり
久しぶりにドッカーンとやられた感があった作品だった。
ゴッホの絵を見たい衝動にかられながら
スマホ2台で絵画チェックしながらのパラレル読み。
最後の方は心が痛くて、物語の中の彼らに手を差し伸べたくなりました(;_;)/~~~
これもフィクションなんだろうけど、すごいとしか。
情景を一層リアルにイメージしながら再読中です






↓以下コピペだけど自分用に載せています 

《内容紹介》

誰も知らない、ゴッホの真実。

天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。

二人の出会いが〈世界を変える一枚〉を生んだ。

1886年、栄華を極めたパリの美術界に流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。

彼の名は、林忠正。

その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは

放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。

兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。

そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出すーー。

『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者によるアート小説の最高傑作、誕生!

(Amazonより)





↓もひとつ長いの、スルーしてください(赤字は原田氏コメント)

原田マハが考える「日本人はなぜゴッホが大好きなのか」

ルソーやピカソは、いつか絶対に小説にしたいっていう執着がありましたけど

ゴッホについては実は気後れするところがありました

代表作『楽園のカンヴァス』で、画家アンリ・ルソーとその作品を鮮烈に描き、

日本にアート小説を根付かせたパイオニアとは思えぬ意外な発言。

というのも、日本人ってゴッホのことが大好きでしょう?

もちろん彼の作品は素晴らしいし、人生そのものが小説的でもある。

ただ、ここまで私たちがゴッホに惹かれるのは、

何か他の理由があるんじゃないかとずっと考えてきました

原田マハさんが長年抱える疑問は、ある明治の男を知ることで解けはじめる。

林忠正の存在はとても大きいです。

彼は明治期、パリ万博で日本を知ったフランスにわたり、日本美術を世界に売り込んだ人物。

いわば日本で最初のグローバルビジネスマンと言えるかもしれませんね

「ジャポニスム」の仕掛人との出会いは、執筆の大いなる動機のひとつになった。

「当時のフランスにとって日本は開国間もない東洋の小さな島。

そこから切り込んでいった林はまさに“侍ジャパン"でした。

そんな彼が現代では忘れられた人になっているのが残念だという気持ちがありました

ジャポニスムの影響下、やがて世界を席巻する印象派。

このエピソードを起点にして本作は動き出した。

日本人がなぜあんなにゴッホに惹かれるか。

それはやはりゴッホの絵に浮世絵のような日本美術を感じるからだと確信できました。

でも実際に林とゴッホの間に交流があったのかはわかってないんですよね

史実と想像が交じる原田作品の醍醐味は健在。

世界に伍するべく奮闘する林、芸術と生活の狭間で懊悩するゴッホ、

それぞれの生が鮮やかに交錯する。

さらに画家の兄を支える弟テオ、林の片腕の加納重吉を加え、

四人の濃淡明暗入り交じる群像劇は読むものの心を打つ。

今回は、ミステリーやホラーといったジャンルの要素を極力排してみました。

直球勝負の物語が読者に届くと本望です

原田作品といえば、書架に面陳したくなる装画も楽しみのひとつ。

今回はゴッホの代表作『星月夜』だ。

誰もが知るゴッホの悲しい生涯を思うとき、

この作品をいまの私たちが美術館に足を運びさえすれば見ることができるのは

本当に奇跡としか言えません。

そのことに勇気づけられて、この作品を書くことができました


評者:「週刊文春」編集部

(週刊文春 2017.11.16号掲載)



+++


京都近代美術館でのゴッホ展は明日まで
なぜ行かなかったか
バカバカ。





[PR]
by shilave | 2018-03-03 16:09 | 日記 | Trackback | Comments(0)

堺の大起水産回転寿司へ

たまに更新する長女のブログで朝はウルウルしてしまったが
余韻に浸る間もなく朝7時に家を出ました
今日は次女とこで孫守りの日です
幼稚園に通う孫の学年末発表会があるので
ややこしい1歳児は連れて行けぬらしく、子守デー


幸い懐いてくれてるのでギャン泣きはないけど
眠くなってきたら手に負えない。
おっぱい出ないし129.png
外に出て、JR列車を20本ほど見送りながら時間を潰します
男の子なんで大好きみたい。
飽きないのよ。。(/_;)


電車が通過するたび手を振っているわたしたち、
気づいて手を振ってくれた車掌さんがひとり
白い手袋の向こうに見えた笑顔も忘れません
うれしかったー101.png


そうこうしてると眠くなってきたのか自ら、家に入る、と要請(言えないけど指差しで)
その後こたつに入ってすぐに寝入りますと次女と孫が帰宅。
お昼ごはんは堺にある大起水産(回転寿司)へ。
ここはお初です。キューズモールより遥かに、はるかにひろーい♪


f0377688_19095953.jpg

これ以外にもいただきました。
併設の大起水産 活魚流通センターで「イチゴあげよ~」ともらってた。
チビたちは得やねぇ~♪
なんか人情ある地やね(*^^*)
買わなかったけど..




大起水産から車で少し走ったところに妹夫婦のお店(サーフショップ)があるので
「行こか」と次女。
そだねー
お店は初めてなのに 物怖じせずカウボーイと化す孫


f0377688_19095567.jpg








宅配便のおじさんとやりとりをしている妹のところへ
トコトコと割って入って(@@)
幼稚園児の孫は恥ずかしがり屋ぶりを発揮、黙々とパズルを119.png
とてもそんな中に入っていけない子です(慣れたら平気)


f0377688_19315650.jpg





小2孫が帰ってくるので おいとま。
家に着くやいなや帰宅でギリギリセーフ
これからスイミングでしこたま泳ぐ彼女は
「お腹空いた~」
「これ全部食べていいよ!」
こんなしょうもないセリフにも大笑いしてくれました

f0377688_19095788.jpg

やっぱ孫達と戯れると笑顔に包まれる。
パワースポットとはよく言ったものです











[PR]
by shilave | 2018-03-02 19:59 | 日記 | Trackback | Comments(4)