孫7人・83歳の母と同居7年目・紀那公(きなこ)にてフォト俳句はじめました(平成30年8月~)


by きみどん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

期待を裏切らないエッセイでした

今日は先々週の地震で延期になった通院日でしたが
先生が欠勤との連絡が入り今月末に、延びた(><)
身支度を整えて下へ降りてあとは靴を履くだけだったのに。
と言っても気持ち的には優れず、鼓舞しまくってもズーンと重かったから
よしとしよう。
先生だって人間、いつ何があるかわからんもんね
というわけで買い物だけ済ませて閉じこもっていまする。




+++



エッセイ、短編が続いているので長編読みたい病がニョロニョロ
その前に、これどんな感じかな、とページを繰ると
面白くて止まらず

f0377688_05593070.jpg


食べる旅というよりは小説題材探し旅色が濃くて
「カフーを待ちわびて」
「楽園のカンヴァス」
「ジヴェルニーの食卓」
「たゆたえども沈まず」 など
過去作の数々に再びここで出会えて
お腹いっぱい胸いっぱいになりました(途中で おやつ食べました)

特に、ゴッホ兄弟を書いた「たゆたえども沈まず」は
わたし的大ヒット作のため、作品を思い出して涙腺が緩んだ。
マハさんいわく
「ゴッホの絵というのは、その強烈な磁力で見る者をぐっと引き寄せもするし、
怖がらせて突き放すようでもある」(P.191より)
おぉ分かりますね さすがです、ズバリです。よく捉えておられる。
ところが取材を進めるうちに、そうじゃないって気づかれるんですね

晩年彼はなぜそうなってしまったのか
たったひとりっきりになっても ひたむきに絵を描くに徹した、
すさまじい魂は
今となれば推量するしかないけど少しわかるような気がしました、わたしも。

想像力を駆使してゴッホの横に寄り添い、心がポッとなりました。
マハさんに多大な影響を与えた実父とのエピソードも・・
う~やっぱり泣く~(/_;)ウルウル





[PR]
Commented by nararanran at 2018-07-03 09:36
こんにちは~
先日の日曜美術館に原田マハさん出演されていましたね。
一瞬だけでお話の内容は聞いていなくて^^;

そうそう地震の日に受診やったから
その後は、どうなんやろ・・・って思っててんけど
また伸びたんやね。
でも何か出たくない日ってあるもんやわ。
そんな時は家にこもってるのが得策(^o^)v
わたしも昨日は大阪駅、梅田方面へいこうかと前日まで思っていたけど
やっぱり、まだ地震にビビって電車には乗れんかった。
(いつまでビビってるんや・・^^;)
Commented by shilave at 2018-07-03 14:23
> nararanranさん
こんにちは~
知らんかったし、見逃してるやん.. ていつも見てるみたいだけど(-_-;)ミテナイ
もう大御所になりつつあるっぽいな!
美術館の音声ガイドがマハさんなら安心して聞いてられます♪

気にかけてもらってありがとう(^^)
定期検査みたいなもんゆあけど気乗りせんかってんなー
地震のトラウマ、もうそろそろいいんじゃないだろか?(^_^;)
ケ・セラ・セラ、ちょっと腹くくったところあって気にせずに乗ってるよ♪
ただし、暑いし、梅田ものごっつい人でメチャクチャ疲れると思われます
倍疲れるで。。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by shilave | 2018-07-02 15:22 | 日記 | Comments(2)