カバン好きがつぶやく日々のあんなこと*こんなこと / 阪神タイガース・BIGBANG・落語・美味しいものが大好きHW


by きみどん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

奈良あるき最終章

恥ずかしながら奈良について小学1年生レベルの知識しか持ち合わせてなくて
らんちゃんの説明にいちいち「なるほど!」や「なるほど~」
て、一緒やけど
口をついて出てくる言葉はそればかり
わたしにとってはトリビア級のお話しで感心しきりでありがたい限り。
一気に2年生になれたような気がしました(*^^*)




相当に はずかしいですが
東大寺大仏殿の屋根にある鴟尾(しび)についてもまったく知りませんでした
火除けのおまじないなんですね
チラッと見えてます

f0377688_12271754.jpg




波形になった二月堂の欄干
お水取り行事の お松明が置かれるあとが。
歴史を感じます

f0377688_12265941.jpg

向かいに座しますは東大寺大仏殿
わたしが住む大阪市内は生駒山の遥か向こう
思えば遠くへ来たもんだ
「夕方、日が沈む頃に見る景色は最高よ」
そう言う、らんちゃんの目の輝きに心底納得&羨望
また必ずお参りに行きます♪




ランチ忘れてたんで載せとこ。

f0377688_12262380.jpg
ならまちにある「オモヤ」にて
雰囲気は大好物♪
2回目ですが、味については最初に行った時の方が感動したのはなぜでしょうか(-_-;)



+++


総歩数 18,297歩
距離 12.7km

その気になれば歩けるんや!(^^)!





[PR]
by shilave | 2017-06-13 13:08 | 日記 | Trackback | Comments(2)
奈良の町歩きなんて自信たっぷりに言いましたが
思ったほど写真なく どうするよ。

無いなりに続けます
春日大社へ向かうのに一之鳥居から入り、鹿の赤ちゃんが生まれたというので鹿苑へ寄り道

f0377688_07590106.jpg

あどけない顔は隠してのおねんね
入るところちょっと間違ってやる(*^^)v
ママのお腹の中みたいに狭いところが安心するのかな
一般公開前だったため、近くでは見れず
おかあさん鹿たちにどんぐりを上げて鹿苑を出ました
(ちょっとニオイますし、、くちゃいよ~ ><; )




興福寺の僧侶たちが春日大社へお参りしたという鷺原道(さぎはらみち)を通り抜けて
春日大社へ
なんとこの写真の中に日本人はひとりもいません

f0377688_07595012.jpg

荘厳さは国籍問わず感受するものかして記念撮影に余念がありません(^_^;)
ところで参道にあるこの木、どう絡み合ってるんでしょうか





この写真、トリミングしましたがその中にも外人さんがわんさか
さすが世界遺産、人気スポットだから当然だけど平日やよ(@@)
お日柄もよかったのか結婚式もされてた。

f0377688_08040224.jpg




渋くなるかと白黒にしてみましたが
だから?
と言いたくなる写真になりました

f0377688_07594289.jpg





浅葱色した袴を穿いている若き神職たち
俗世間の話でもしているかのようです

f0377688_07583784.jpg

春日大社は境内に足を踏み入れただけで穢れが落ち、
禊を済ませたような気持ちにさせてもらえました
て、そんなわけはないだろうけどありがたい



短時間にたくさん回るため
春日大社ともこのへんにて。
ひとりでは絶対に行けないし、忘れたし、な道を歩いて若草山~東大寺へと足を進めました


f0377688_07593023.jpg


神鹿、どこにでもいてやるねんね(*^^*)
見つめ合いました





[PR]
by shilave | 2017-06-13 08:45 | 日記 | Trackback | Comments(2)
前回の続きですが、では方向オンチのわたしがなぜ
超難問の場所(器人器人きときと)へ無事に着くことができたかといいますと
奈良在住のブロ友 "らんちゃん" が先導してくれたからなのです
前に立ち寄れなかった石子詰跡へ、どうしても行きたくて
らんちゃんに 連れてって~ とお願いしたところ
二つ返事で快諾してもらい、じゃついでに(おい)器人器人さんもいい?
ちゅう流れでした


ではミッションその1 石子詰旧跡
てっきりこの下に眠ってはるのだと思いきや これは木標でした
右手にある小さな門を開けて入っていきましょう

f0377688_17345675.jpg





三作少年は立派に祀られていましたが
どことなし物悲しい佇まいです

f0377688_17345885.jpg

生き埋めにされて、さぞかし苦しかったでしょう
計り知れない悲しさが襲い、心が痛かったです



小さくて読めないけど一応。

f0377688_17350140.jpg

近松門左衛門の浄瑠璃「十三鐘」はこの伝説を草したものだそうです
うぅ 知らんかった~ 
名残惜しいけど次なるミッションのためお別れ。
さあて好天の中、町歩きとまいります


f0377688_17363284.jpg

左の南円堂と右の五重塔/興福寺




葉室麟/著の「緋の天空」を読み終えて、興味ワキワキの奈良時代
奈良熱冷めずで、今は井上靖/著の「天平の甍」を読んでいます
真備(まきび)と玄昉(げんぼう)の2人の僧侶も出てきてシンクロ状態に胸躍り、
ついに鑑真和上も登場され、さらに興奮度は増してきました
唐招提寺の境内にある、鑑真和上の墓所にまた行きたい。
奈良熱が冷めないうちに(^_^;)





[PR]
by shilave | 2017-06-12 18:11 | 日記 | Trackback | Comments(4)

ちび玉を、奈良で

数日間、あっかんべーした孫ボスを "看板" のまま放置してました(^_^;)


昨夜はソウルでのジヨンくんソロコンサートを途中まで耳参戦、
ハートブレイカーからスタートとはのっけから飛ばしてくれそな予感
今朝になってセトリ見たら垂涎モノのラインナップで日本公演が楽しみです
て、行くみたいやけど不参加(^_^;)
そうそう、ファン乱入騒動には驚きました
どう掻い潜ってきたんやろ..


大木もびっくりしています

f0377688_07461290.jpg






信楽祭で買い損ねた一輪挿しを求めて奈良の器人器人(きときと)へ。
ちょうど作品展開催中♪

f0377688_07462233.jpg





このお店、地図ありでもギブアップ必至の場所にありました

f0377688_07461718.jpg



中の写真は撮り忘れ
所狭しと可愛すぎる小さな物たちで溢れていました
目移りして当初の予定の品とは別物を購入
いつぞやのお香不作picからですが、コレを。

f0377688_07523379.jpg

黒いちび玉
可愛い♪ 
でもあとひと回り大きいものにすればよかったかな





この壁だいすきー
唐招提寺の壁に似ていませんか

f0377688_07462667.jpg



もう少し奈良、続きます




[PR]
by shilave | 2017-06-11 08:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)
周囲の目なんて気にしない

f0377688_08384247.jpg

とても仲睦まじいカップルでした
こっちが照れてしまうほど
しつこいくらいにじゃれ合って(*^^*)






鹿の子斑のような獣道

f0377688_08383116.jpg

今日6月1日から鹿苑にて子鹿たちの一般公開スタートです♪
行きたいけどな~ 暑そうやしな~
ちなみに英語で子鹿は「fawn」であって「bambi」ではない(^_^;)
でもファウンよりバンビの方が断然かわいぃ



+++


方向オンチなので迷いそうなら手っ取り早くすぐに人に訊く
この日も制服着用のおねえさんに訊きましたら
たどたどしい日本語で詳しく教えてくださいました
そう、中国人ガイドでした
もはや外見では判断不能になってきたわたしのガンリキ(><)



それから
帰って、もらってきた観光マップ見てたら
「奈良縣立美術館」とあるのでおかしいなとは思ったものの、
ははーん。さすがはこだわりの奈良。
本来の「県立」はこの漢字なんか
と好きに解釈して裏面みたら全部漢字(@@)
またしても中国語マップでした
馬鹿たれ~




[PR]
by shilave | 2017-06-01 09:07 | 日記 | Trackback | Comments(2)
新聞の広告欄に載ってた「緋の天空」(葉室麟著)が読みたくて
図書館予約してました。待ち数8件に、ちょっとびっくり(^_^;)

「光明皇后、その生涯が鮮やかに蘇る渾身の歴史長編」
このコピーだけで胸躍るし、ときめくし、です


f0377688_11173477.jpg


「父・藤原不比等の願いが込められたその名を胸に、一人の少女が歩みだす。
朝廷の権力争い、相次ぐ災害や疫病...。
混迷を乗り越え、夫・聖武天皇を支えて国と民を照らす大仏の建立を目指す」





タイムリーなことに奈良へ行ったばかり。正倉院も目に焼き付けてきたばかり
読みたくて知りたくてウズウズし、はやる気持ちを抑えながら文字を追うのですが
最初の20ページぐらいで頓挫(@@) 
人名覚えられない、登場人物初耳、
さらに困ったことは読み始めると睡魔にやられてしまいますぅー
今38ページですが予約件数は23もあったので延長できへんし(><)


今日は母が夜まで不在なのでひとり静かに読書dayとしますが
睡魔神、降臨するなよ~



f0377688_11173094.jpg


今年は正倉院展へ行こう。






[PR]
by shilave | 2017-05-31 11:37 | 日記 | Trackback | Comments(2)

物欲しそうに見つめられても困ります~(*^^*)
エサ持ってないのよ..

f0377688_09251120.jpg







東大寺二月堂へ

f0377688_07532825.jpg

非常に暑かったです
滴り落ちる聖水、これがビアならば、、と罰当たりな考えも過ぎったり。。





目に入ってくるものに圧倒されて すぐにカメラを向けられません
かといって決して威圧的ではないそれら
あぁ奈良、いい!

f0377688_07541515.jpg





回廊から見渡す光景
夕景はざぞかし絶景でしょう

f0377688_07531185.jpg

椅子なんぞに腰掛けて、もしくはボンボンベッドなんかに横たわって
夕暮れ時まで過ごしたいものです
なんて また罰当たりなことを (_ _;)






「わしの願い叶えてや」

f0377688_08171947.jpg

外人さんでしたが。







ザ・二月堂pic

f0377688_07533616.jpg

兵庫県たつの市から遠足できた小学生たちに
写真を撮ってもらえますか
と頼まれ、ここに来ました

言葉づかいもきちんとしてて、おばちゃんひと安心。
清々しい気持ちで奈良から帰れました♪



また奈良行こ!
ただ盆地ゆえ暑さがハンパなく次は秋以降かな






[PR]
by shilave | 2017-05-31 08:28 | 日記 | Trackback | Comments(2)

奈良でランチ

左うしろ足が痛々しい鹿
f0377688_08345637.jpg

大好物の鹿せんべいをもらいに行く足取りも重く
天然記念物の定義がどんなものなのか知らないけど素朴な疑問
病院で診てもらってるんやろか



++


その昔、寺子屋で三作少年が習字を習っていたところへ鹿がやってきた。
鹿は子供たちが書いた草紙を咥えて行こうとしたので思わず文鎮を投げてしまった三作。
ところが当たりどころが悪く鹿は死んでしまった
その頃、鹿は春日大社の神の使いとして人間よりも大切にされており
殺したらその鹿の骸と一緒に石を詰められ「生き埋め」の刑に処されたとか。
三作少年も逃れられず、、、
いわゆる「石子詰め」の民話です

猿沢池を東へ行ったところに生き埋めにされた場所があるそうです
現在は木標があるって聞いたんだけど、どこやろ。
「石子詰め」が出てこず、なんやったかな「塚」だったか?
スマホで検索するも「塚」では探せず、立ち寄れず無念でした


++


家の前に鹿が死んでいたら埋葬費はその家が負担したそうな
それが3文。
もし家の前で死んでたらお隣の家の前へ引きずり、置き、3文を払わずに免れたとか。
奈良の人が早起きなわけですね(ホンマ?)
言わずと知れた「早起きは三文の得(得)」です(諸説あるのかも)





しあわせそうなこと♡
f0377688_20412697.jpg


f0377688_12073047.jpg
右下pic、阿修羅様拝観のため長蛇の列にクラクラきそうでした
ここまでメジャーになられる前は
ガラスのこちらから飽きるまで見入ってられたのに
きっともう無理なんでしょう
しかしこの仮講堂の光景は風情が無いわ~(><)



ならまちを漫ろ歩いたのでお腹も空いてきました
今日こそあそこへ行くぞ!
候補のお店はふたつ
が、どちらも3,000円前後と、けっこうなランチ値段で↘↘却下。
思い出した。だからいつもパスしてたんや
だからいつもここにしたんや
というわけで3度目のカナカナさんへ
f0377688_12071653.jpg

f0377688_12071975.jpg

ぶっちゃけ「これは美味しい!」と唸ることはないけれど(家のお惣菜みたいだし)
コーヒー付きで1,300円はありがたい。
開店時間も他店は11時30分がほとんどなのに11時なのもハナマル。



このあとは、いつものコース、春鹿さんでの試飲
は、せず(マジか~)
カナカナのすぐ隣にある「ならまち工房」へ

で、 あ! あー!!
ランチは ここにすれば良かった!!
一度行ったことがある「フレンチ オモヤ」があったんだった
ゆったりと寛げる店内でいただくランチは1,800円とまぁギリギリ許容範囲内
気づくのが遅く とても残念でした

行けなかった三作の墓標とフレンチオモヤでのランチのため
また奈良行っちゃお。
かや布巾と先のブックカバーを買って奈良とはお別れです




[PR]
by shilave | 2017-05-08 12:49 | 日記 | Trackback | Comments(3)
昨日の大逆転劇を演じてくれたタイガースの選手たちには
興奮して眠れんかった、なんてことはないのやろか
わたしは奈良から信楽へ行った日、さほど神経高ぶることもないだろうに夜中2時過ぎまで眠れず
3時間ほどの睡眠時間で仕事へ な羽目に。
その代わり昨日は早く寝床について なんと9時間も寝てました\(^o^)/ 子供か~



その奈良信楽編。
まずは戦利品から(えっ?)

f0377688_09250907.jpg

昨日言いました、完売してた一輪挿しは 上野敬子さんの白い「ちび玉」でした
残っていたのは黒い「ちび玉」と大きな白の「玉」と
白い立法型の、それぞれ1点ずつでした
黒はウチに合わないので白い立法型のこれを連れて帰ってきました(^^)

作家さん本人から直接買えるってところも陶器まつりの醍醐味で
上野さんは作風どおりの優しくかわいらしい女性でした





奈良で購入した「ふすま地」のブックカバーです

f0377688_09234093.jpg

100種類ほどあった中から3候補にしぼり、迷いに迷った末
最初にピンときたこれに決定。
子孫繁栄の縁起物「ぶどう」のモチーフは結構好きで
器でも小物でもつい手に入れたくなります
そのお陰でしょう 繁栄中(^_^;)
もうわたしの代での繁栄は終止符打ってますが~♪




図書館から返却期限オーバーのメールがきてた(><)久々のチョンボ。
開館前にポストへ投函しに行く道すがら雑草を摘んで飾りました

f0377688_09552951.jpg


今読んでいるのは、朝井まかてさんの「恋歌」
何ヶ月待ちだったかも忘れたほど 人気なのかな 先日やっと届きました
おもしろいけど読み始めるとすぐに眠くなってしまう
次の予約も入っているので延長はできず、急がないと。
広島カープとのデーゲームが始まるまで読むとします





[PR]
by shilave | 2017-05-07 10:16 | 日記 | Trackback | Comments(4)

驚いた

パソコンを立ち上げたら、突如として現れたナマケモノに魂消ました
f0377688_20443557.jpg
近くにチョコがいたので2匹の毛むくじゃら星人に笑った。
それにしても笑顔?がかわいいな


今日のプロ野球、対広島戦にも魂消ました。
5回の表まで9-0で負けてて、こりゃダメだと諦めつつも観戦続行してたらなんと
7回裏には同点、さらに逆転に成功
最終的には12-9で歴史的な大逆転勝利を収めたというから(はい。大げさ)
今年の阪神タイガースは もしかしてもしかするのかも
と期待も膨らみます


+++

昨日は奈良→信楽へ行って来ました
奈良で1日潰すつもりだったのに 何のチェックもせずに来たものだから
ならまち散策したあとは あてもなく .. 時間がもったいなくて焦るあせる。
そういや この時期信楽は陶器まつりだったような。行ってみるか!
イベントしていなくても前に行った甘味処でひとやすみするも良し、で
思い立ったまま、またもやノーリサーチで向かいました

着いたら、してたのよ~
現在 器欲は鳴りを潜めてるんだけど、見たら見たでちょいと欲が出ますのね
いいな♪と思った一輪挿しがあったのですが
一周してきてそれでも欲しかったら買うつもりでその場での衝動買いはやめときました。
なのになのに、わずか15分やそこらで戻って来てみると2つとも売り切れてて(;_;)/~~~
軽く呆然モードになりました



f0377688_20402063.jpg

興福寺五重塔
藤棚から狙いすぎた。の図 (笑)




奈良~信楽のコト、少し続きます





[PR]
by shilave | 2017-05-06 21:14 | 日記 | Trackback | Comments(2)