好きなもので重箱を埋め尽くしてみたい♪ 82歳の母と同居6年目 ストレスは阪神タイガースの応援で発散中


by きみどん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

三作少年の石子詰跡へ行って来た

前回の続きですが、では方向オンチのわたしがなぜ
超難問の場所(器人器人きときと)へ無事に着くことができたかといいますと
奈良在住のブロ友 "らんちゃん" が先導してくれたからなのです
前に立ち寄れなかった石子詰跡へ、どうしても行きたくて
らんちゃんに 連れてって~ とお願いしたところ
二つ返事で快諾してもらい、じゃついでに(おい)器人器人さんもいい?
ちゅう流れでした


ではミッションその1 石子詰旧跡
てっきりこの下に眠ってはるのだと思いきや これは木標でした
右手にある小さな門を開けて入っていきましょう

f0377688_17345675.jpg





三作少年は立派に祀られていましたが
どことなし物悲しい佇まいです

f0377688_17345885.jpg

生き埋めにされて、さぞかし苦しかったでしょう
計り知れない悲しさが襲い、心が痛かったです



小さくて読めないけど一応。

f0377688_17350140.jpg

近松門左衛門の浄瑠璃「十三鐘」はこの伝説を草したものだそうです
うぅ 知らんかった~ 
名残惜しいけど次なるミッションのためお別れ。
さあて好天の中、町歩きとまいります


f0377688_17363284.jpg

左の南円堂と右の五重塔/興福寺




葉室麟/著の「緋の天空」を読み終えて、興味ワキワキの奈良時代
奈良熱冷めずで、今は井上靖/著の「天平の甍」を読んでいます
真備(まきび)と玄昉(げんぼう)の2人の僧侶も出てきてシンクロ状態に胸躍り、
ついに鑑真和上も登場され、さらに興奮度は増してきました
唐招提寺の境内にある、鑑真和上の墓所にまた行きたい。
奈良熱が冷めないうちに(^_^;)





[PR]
トラックバックURL : http://shilave.exblog.jp/tb/27888867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のりまき at 2017-06-12 21:09 x
天平の甍、懐かしー。
20代の頃読んで大いに刺激を受け、映画も見ました。
鑑真さん役の田村高廣、忘れもしません。
数年前のマイ・奈良ブームのときに、読み返そうとしたところ何故か挫折。
若いときの集中力も読解力も今は無く、なのかと思って情けなかったです😢😢😢
Commented by shilave at 2017-06-13 06:39
> のりまきさん
今でも、いらか を いるか と言ってしまいます(><)
懐かしいですねー わたしは読んではなかったのですが
田村高廣さんの鑑真は朧げながら記憶しています
でも大河ドラマと思ってた(^_^;)

奈良ブームはフェードアウトされたんでしょうか(ToT)
まあ距離ありますもんね

んまぁ!のりさんでも手強いですか 
文豪の書は、なぜこうも脳内酸欠状態に陥るのでしょうか(><)
咀嚼しながらだとなかなか進みませんヮ
Commented by nararanran at 2017-06-13 09:31
とうとう「天平の甍」にいきつきましたか(^_^)
これからは奈良通いしなくっちゃ~
どれだけでも声をかけてくださいヽ(=´▽`=)ノ

わたしも奈良に住んで一番最初に読んだ本が「天平の甍」でした。
そしてその場にも足を運んで、空を見上げて。
たった数年前のコトだけど、当時のことを思い出してしまいました。
『奈良ってすごい!』って思っていました(あっ今もね)

その後は折口信夫氏の「死者の書」や松本清張氏の「火の路」にまで手をのばしてしまいました。
奈良はハマると楽しいよ。
Commented by shilave at 2017-06-13 12:00
> nararanranさん
そうやったんや♪
天平の甍、漢字おおすぎ~(><) 
品物かと思いきや人名やったりしてアホさに悲しなります
ホント奈良はすごい!よね 
ロマン感半端じゃなくてワクワクします

死者の書、ネットでデータ見たら当麻寺のやねんね
当麻寺は最高に暑かった思い出しかなくてつぶさに見回ってないから
火の路(これは読んだかも)と共に踏襲しようと思います(^_^;)
また教えてね! で、またお呼び立てしますんで (笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by shilave | 2017-06-12 18:11 | 日記 | Trackback | Comments(4)